本文へ移動

子どもの居場所づくり


上京区社協では、子ども食堂や学習支援など、子どもの居場所づくりに関連した活動に取り組む団体を支援しています。


上京こども応援団

上京こども応援団は、上京区内で子どもの居場所づくりに関連した活動に取り組む団体のゆるやかなネットワークです。

・こどもたちがのびのびと、自分らしく成長できる上京区を作る
・活動団体同士が顔の見える関係になれるきっかけを作る
・活動団体同士がつながることにより、活動の幅の広がりや新たな取り組みの開始といった
 さらなる展開が生まれる

ことを目的とし、令和3年度に結成されました。

「上京こども応援団」情報交換会を開催しました!(令和3年度)

会場の様子
1月29日に、上京区で子どもや親子の支援に取り組む団体の交流会「上京こども応援団」を開催しました。
 
上京区内では、子ども食堂や、学校に行きづらい子の居場所づくり、親子の居場所づくりなど、数多くの団体が様々な取組をされています。今回はそうした団体に加えて区内の幼稚園、保育園、小中学校等にも参加を呼びかけ、合計31名の方にご参加いただきました。
 
前半は、3つの団体から活動紹介をしていただきました。
 
〇子どものよりよい育ちを支える会
手づくりロケットを飛ばす「KYOTOロケット部」、子どもたちのやりたいことにチャレンジする「堀川こども団」、学校に行きづらい子の居場所「こども基地HOPE」などの活動に取り組んでいます。活動の様子は動画でもご覧になれます!
 
〇はうす結
障がいのある無しに関わらず集まれるインクルーシブな居場所づくりに取り組んでいます。親子で楽しめるイベントや、重度身体障害の子どもたちも参加できるハンモックを使ったイベントなどを開催しています。
 
〇おかえり食堂
ひとり親世帯やヤングケアラー世帯に、お弁当の配布を通じた支援を行っています。ボランティアスタッフとともに、見た目も鮮やかな栄養たっぷりの手作りのお弁当を60食以上提供しています。
 
また、京都市福祉ボランティアセンターから、助成金やフードバンクなど、子どもの居場所づくりに取り組むうえで活用できるお役立ち情報を紹介していただきました。
 
後半の交流会では、感染症対策の観点から、当初予定していた座談会形式ではなく「意見・質問カード」を活用した交流に変更しましたが、沢山のご意見・ご質問をいただき盛り上がりました。
 
 
終了後のアンケートでは、「こんなに沢山の活動があるとは知らなかった」「上京区に希望を感じます」「コロナが落ち着いたらもっと交流がしたい!」など、嬉しいご意見を沢山いただきました。
 
交流会・情報交換会は今後も定期的に開催予定です。今後の企画についてのご意見も募集しておりますので、上京区社協までお気軽にお問い合わせください!
社会福祉法人
京都市上京区社会福祉協議会
〒602-8511
京都市上京区今出川通室町西入堀出シ町285番地
上京区総合庁舎2階
TEL.075-432-9535
FAX.075-432-9536
 
 
地下鉄「今出川」駅下車 徒歩5分
市バス「上京区総合庁舎前」下車 すぐ
    51・59・201・203系統
TOPへ戻る